シェアハウス にゃんて 三条市石上(新潟県)猫と暮らせるシェアハウス

ごあいさつ 続き

  • HOME »
  • ごあいさつ 続き

にゃんてのある三条市は、平成16年7月13日 中越地区を中心とした地域を大規模な集中豪雨にみまわれ、五十嵐川や刈矢田川など6河川で11か所破堤し、甚大な被害を被りました。

私自身も家族と共に被災し、避難所生活や仮設住宅生活を経験しました。

今は町並みも市民生活も落ち着きを取戻していますが、あの日たった1日で変貌してしまった町並みも、自分の心も一生忘れることはないと思います。

そして、その後両親の介護が始まり、看取り、人間の命の尊さや儚さ・無常を両親の命をもって教えてもらいました。

それから一人暮らしが始まって、休日で一日家にいると一言も喋らない・声すら発しないそんな生活をするようになり、人間の孤独や寂しさを感じ、考えるようになりました。

まもなく、15歳で発病し治療が必要ないほど落ち着いていた重症筋無力症を再発し、仕事を半年休職しました。

現在は再発前とは違い、勤務に従事する時間に制限はありますが、仕事復帰させていただいています。

いろいろな経験をさせていただきましたが、どの時も どの時も

DSC_0872

自宅のつつじ

 

たくさんの方々に支えていただき、ここまで生きてくることができました。

水害の際にお手伝いいただいた多くのボランティアの方々

介護や看取り、病気の再発などでは 職場の上司やスタッフのみなさん、親友・・

本当に本当に感謝しております。

皆様に直接何もお返しができない現状で大変申し訳なく思っております。

築50年が経過し、老朽化と自然災害に対応できないであろうこと・・

そして体調にあった生活環境を求めた時、自宅を新築するに至りました。

皆様に直接お返しできない分、シェアハウスとして社会的役割を持ち、還元していけたら・・と思いシェアハウスの開設を決めました。

私自身が 准看護師である点と猫を飼育しているという点で、入居者の属性を考慮した入居条件とさせていただいております。

看護・介護・福祉など医療系・ペット関連職のお仕事をスタートされる方、新社会人の方、学生の方、大学編入や進学予定で短期間の入居を希望されている方などを考慮・優先させていただきたいと考えております。

これは、私が持つ看護経験や共感できること・環境・人脈を最大限発揮し、有効に支援を提供するためですので、ご理解いただけると幸いです。

もちろん 猫が大好きでどうしても入居したい!という方も是非に。猫たちが幸せに過ごせそうな気がしてうれしいばかりです。

皆様の大切な方の…

DSC_1310

みんなでごはん

県央地区で働く、女性の皆様の…

お役に立てますように…

シェアハウスにゃんて 大家  中澤

 

ご連絡お待ちしております TEL 070-3530-1646 受付時間 9:00~21:00

PAGETOP
Copyright © シェアハウス にゃんて All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.